K-1だけにあらず!海外キックボクシング団体!

この記事は僕に「○○」の話させたら長くなりますよ Advent Calendar 2016 – Adventarの13日目の記事です。

はじめに

初めての方は初めてまして!
僕はherakuresと申しまして、普段はweb業界でコーディングやらCMS構築やらやっておりますが、
snsでは主にキックボクシングやムエタイなど、一般的には立ち技格闘技と呼ばれるものについてつぶやいております。

突然ですが…

皆様はK-1はご存知ですか?
知っている方は多いと思いますが、どの程度ご存知でしょうか?

  • アンディ・フグ?ゴーメンサナサイヨー
  • ピーター・アーツ?
  • 佐竹雅昭?

古すぎましたかね?

  • 魔娑斗?
  • 小比類巻?

これも古いといえば古いですかね、、、

僕は大阪住まいで、色んな方と話しては趣味である格闘技観戦の話題を出すのですが、
「K-1知ってる!佐竹とかですよね?」
「魔娑斗とかいたよね?今どうしてるの?」

という反応で今のK-1がどうなってのか、ましてやこの記事の本題である、海外キックボクシングの話題なんぞ出そうものなら、
間違いなくドン引き間違い無しですよ!

、、、まあ今回はそれにも関わらず、更に奥深い魔境である海外キックボクシングの記事を書くわけですが、、、w

K-1関係の話は当ブログの別記事であるので、記事の最後に記載しておきますー。

海外キックボクシングを紹介

さて本題に入りますが、当記事では海外キックボクシングを紹介していきます!なるべく伝わりやすい内容で紹介していきますー。

GLORY

ヨーロッパのグローリー・スポーツ・インターナショナルという会社が運営しています。
なんと!元々は格闘技ジムが主催するイベントだったというのが驚きで、K-1にも強い選手を送り出していました。

  • セーム・シュルト
  • アリスター・オーフレイム
  • セルゲイ・ハリトーノフ

K-1は資金難により、2011年を最後に一度消滅しているのですが(現在は運営を変えて頑張ってます)、
その後取って代わるように出てきた団体ですね、正確にはK-1に次ぐ2つの団体が協力して立ち上がったといいましょうか。

魅力はなんといっても世界的に有名な選手が沢山所属している事で、前座の試合からレベルが高くて面白いです!
K-1に出場していた選手の多くはGLORYに所属しています。

かつてK-1が実現できなかった、米国進出も果たしています。正直まだ定着したとは言い難いのですが、まだ始まったばかりなので期待できます!

日本では一部の試合が視聴できない状態なので、何とかして欲しいと願いっている次第です。
PPV(ペイ・パー・ビュー、クレジットカードで購入して視聴する形式)と、大会が終わった後の配信(Youtubeチャンネルがあります)で頑張るしかないのです、、、。
あとDAZNという配信サイトで観れますが、最後に解説します。

とまあ、まとめると、このGLORYが現状一番大きなキックボクシング団体ですね。

SUPER KOMBAT

ルーマニアを拠点にしているキックボクシング団体です。

K-1と先述のGLORYと比べると規模は小さいですが、こちらも有名な選手を使っての豪華イベントを手がけています。

K-1が一度消滅した頃はK-1に勝るとも劣らないレベルの大会を開いていましたが、現在はややおとなしい印象。
といっても経営難とかではなさそうで、この前は無料で5万人を動員しての大会を開いています、、、すげえ!

アウトドア系のイベントかな?

こちらの団体は、ほとんど全ての試合の動画をYoutubeで公開しています。
K-1にも出てた選手が出たりもしますよー!

Kunlun Fight

こちらは格闘技界のダークホースといった位置づけで、ここ数年でかなり力を付けている団体です。
キックボクシングに限らず、中国では国が強い選手の育成に力を入れているので、
数年前は世界レベルの選手は少なかったのですが、今では日本人を含めた外国人選手たちを倒したり、
メキメキと力を付けています。

また、開催する大会自体もレベルが高く、他の団体の王者クラスの選手を呼んだりもします。
流石中国マネー、、、

イマイチ実態がよくわからなく、あまり情報を公にしないので、日本を含めて中国本土での視聴環境が不透明です。
最近日本のキックボクシング団体と提携したり、その辺りこれからどうなっていくのか注目ですね。

Kunlun Fight公式

Kunlunfight facebook

K-1 Global

実は、実はですね、K-1は今結構ややこしい状態になっていますw

2011年にK-1消滅、2012年に香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得、その後なんやかんやあって日本と海外で興行権(大会を開く権利)が別れてしまいました、、、(なんやかんやは記事の本題には触れません

今回紹介するK-1 Globalは海外での興行権を持っているK-1です。

2012年にアメリカ、スペイン、ギリシャ、2013年にクロアチア、中国、タイ、アゼルバイジャンと、その名の通りグローバルに活動しています。GLORYに比べると、そしてかつて世界中を席巻したK-1としては、かなり規模は小さくなってしまいましたが、地道に活動を続けています。

2015年はほぼ活動停止していましたが、今年の10月からK-1 World GP EUROとして再開、ヨーロッパを中心に大会を開いていくそうです。
普通に過ごしていればまず日本人は気づかない状況、そもそも運営に日本人がいないので知名度は皆無。
ですが、K-1ファンとしてはK-1のブランドは海外でもまだまだ通用すると思っていますし、
このブログのようにアクセスは少なくても、諦めずに出来る範囲でコツコツ布教していけば、必ずまた観てくれる人が出てくると思うので!

補足

数年前の記事ですが、日本のK-1にも触れている記事を過去に書いてるので、興味があれば読んで欲しいです!

サクッと今の立ち技格闘技の現状をおさらいしてみる

動画配信サイト DAZN

GLORYやK-1 Globalなど、海外のキックボクシングの動画はこのサイトで視聴できます。
月額1800円で、扱うジャンルはスポーツ全般なので、スポーツ観戦が好きな方はおすすめです。
動作が不安定でぶっちゃけ使い勝手は微妙

DAZN

最後に

いかがだったでしょうか?
これでも話したい内容の半分ほどで、時間が全然足らないので凝縮しましたw

僕はtwitterやってるのでそちらでも、
大阪住まいなので格闘技ファンであれば話したりもしたいので、
関心・興味あれば、DMでも、当ブログのフォームからでもメッセージ待ってますー!

明日は京橋 ひよわさんによる、僕に「炊飯」の話させたら長くなりますよになります!

コメントを残す