ウラジミール・ミネフ Vladimir Mineev

久々に選手名鑑シリーズを更新します。ルスラン・カラエフ、アレキサンダーピチュクノフ、アレキサンダー・ウスティノフ、セルゲイ・ハリトーノフなど、ロシアには個性的で魅力がある選手が多いですよね。

今回はそんなロシアの中から若くて将来性がある選手、ウラジミール・ミネフを紹介します。大舞台に出てはいませんが、個人的にはかなり期待している選手です。

生年月日1990年2月16日
国籍ロシア
身長184cm
体重94kg

破竹の連勝を続けるロシアの若武者

プロデビューは2009年(本当はもっと前かも)で、デビュー戦でK-1でも活躍していたセルゲイ・ラシェンコを圧倒して判定勝ち。動画は今は見つかりませんが、複数回ダウンを奪っての圧勝でした。

同年にアシュウィン・バルラック、翌年イゴール・ユルコビッチに敗れるものの、それ以降は19連勝というレコードを記録しており、対戦相手の中には中堅・強豪の名前もある事から一定以上の実力を証明しています。

ウクライナやロシアの選手は若い頃からアマチュアのキックやムエタイのキャリアを積んでいるので、戦績が凄い選手が多いですね。ちなみにルスラン・カラエフは169戦160勝125KOという化け物レコードですw

ファイトスタイル

割と実直なスタイルで、オフェンス・ディフェンスのバランスが良いです。ですがフックの打ち方とかボディワークとか独特のものが多く、よく見るオランダ式のスタイルとは違うような気がします。

格下相手とはいえKO勝ちがそれなりにあるので、K-1やGLORYのような大舞台においてもそれが維持出来るか…ですね。

今後の去就

普段は地元の興行を主戦場にしていますが、ここ最近はブラジルやフランスの興行にも出場しており、大舞台への進出が期待されます。個人的にはもう少し経験を積んでもいいとは思いますが、いずれにせよ若くて将来性がある選手が出てくるのは楽しみな話ですね。

試合動画


vs チアゴ・ベオウルフ

コメントを残す