スーパーファイトでタイ人全敗!? TOPKING WORLD SERIES IN MINSK 試合結果

ベラルーシで始まったムエタイ興行、TOPKING WORLD SERIESのベラルーシ、ミンスク大会の結果をお伝えします。ブアカーオ・バンチャメークやアルメン・ペトロシアンが出場しました。

スーパーファイトでは地元のベラルーシ人 vs タイの強豪という構図です。

トーナメント
ブアカーオ・バンチャメーク判定Zhang Chunyu
アンドレイ・クレビン判定エイサ・アランダーネザム
ハヤル・ジャニエフ判定>ウォーレン・スティーブルマンズヴェセリン・ヴェセリノフ
アルメン・ペトロシアン判定ドミトロ・コンスタンティノフ
スーパーファイト
ルンラウィー・サシプラパー1RKOドミトリー・ヴァレッツ
パノム・トップキングボクシング2RKOドミトリー・ヴァレント
ヨークペット・ペットカセム3RKOイゴール・リウブチェンコ

ブアカーオ、鬼神の如き強さで圧倒

ブアカーオは2009年以来負け無しです。殆どムエタイルールですがシュートボクシングやK-1ルールもあり、GLORYのトップファイター相手ではわかりませんが、並の強豪や中堅選手相手では最早どうしようもないくらい強いですw

単純なフィジカルやパワーは流石に衰えているように見えますが、それを補って余りある反射神経の良さと相手を封じ込め、常に自分のペースに試合を運ぶ技術があります、恐ろしいです。

ブアカーオ・バンチャメーク vs Zhang Chunyu

ペトロシアン弟、際どい判定で敗れる

ペトロシアン兄弟の弟、アルメンはコンスタンタンティノフ相手に引けを取らない戦いを進めましたがジャッジはコンスタンティノフに。個人的にはアルメンの勝ちでもいいかなという内容でしたが、裁定基準があるでしょうし、どちらの勝ちでもおかしくなかったと思います。

実力的には中堅以上はあるのですが、いかんせん飛び抜けたものが無いですし、正直組みや崩し中心の選手なんであまり面白くないんですよねー。

コメントを残す