FINAL8は香港で 12.20 TOP KING WORLD SERIES HONG KONG

世界的に有名なスポーツ用具メーカーが母体の本団代ですが、順調に開催されているようで何よりです。ベラルーシ、フランスに続き今回は香港での開催です。 アジア圏はキック・ムエタイ共に団体が沢山出てきて盛り上がってますねー。

対戦カード

トーナメント参加選手  
ブアカーオ・バンチャメーク3R判定ドミトロ・コンスタンティノフ
マーチン・パルチェッタ1RKOリース・マカリスター
アンドレイ・クレビン
エイザ・アランダー・ネザム
判定マラート・グリゴリアン
カヤル・ジャニエフ判定ニクラス・ラーセン
   
スーパーファイト  
福田海斗判定HO KWOK KEUNG
センマニー・ソー・ティアンポ判定MAN KWOK
大田原 友亮判定MING TANG
ポンサネー・シットモンチャイ1RKOデニス・ピューリック
アピサック・KTジム不明カメン・ピッケン
サムエー・サイヤンガーダオ判定コンスナンティン・トリシン

最強の存在 ブアカーオの存在が気になるトーナメント

アブラハム・ロクエニやアルメン・ペトロシアンが初戦で消えるほどレベルの高さが伺えるトーナメントですが、焦点は「ブアカーオ・バンチャメークという絶対的な存在をどうするか」という事に集約されるでしょう。

肘や組みの制限があるK-1ルール下では反応の遅さや単純な力強さの衰えが目立ちましたが、ムエタイルール下では老獪なテクニックと一瞬の隙さえ見逃さない容赦の無さで敵無しの状態です。

どうやらこの大会はトーナメントの組み合わせは直前までわからないらしく、誰がブアカーオと当たるのか今はわかりませんが、果たして生贄ブアカーオを打ち倒す猛者は出てくるのでしょうか!?

GLORYの小島よしおプリンス、ニクラス・ラーセンとマラート・グリゴリアンが勝ち上がってくれたら嬉しい。

スーパーファイトからは日本人2人が参戦

福田海斗と大田原 友亮が(おそらく)現地のファイターと対戦します。

他は主に香港 vs タイといった様相ですね、タイ側からは先日S-cupに参戦したポンサネーが参戦します。ウクライナのトリシンも忘れずに!

トリシンは過去に大宮司進と対戦経験があったり

関連記事

参考記事

コメントを残す