海外進出の鍵となるか SUPERKOMBAT WORLD GRAND PRIX IN ALMERE

新人育成の大会やトライアウトを積極的に開催し、GLORYやK-1のような既存の有力選手を余り使わない地道な運営で知られるここ最近のSuperkombat、今回は地元のルーマニアを飛び出し、オランダとスイスへ進出します。

対戦カード

95kg級トーナメント 準決勝
タリック・クバレス1RKOグルハン・デジャメンシー
パチリック・ヴィーンストラ1RKOヴィクトー・ブゴツキー,
デクスター・スイッス
95kg級トーナメント 決勝
タリック・クバレス詳細不明デクスター・スイッス
スーパーファイト
カタリン・モロサヌ3R判定ブライアン・ダウウィス
レドゥアン・カイロ3RTKOアリ・セニック
クライド・ブランズウィック3R判定ホヴィック・ティクランヤン
ジェイス・イェゴアン3R判定マルセロ・アドリアンズ
ハムザ・ソーシードロークリスチャン・スペトク

正直ヘビーは余り知らない選手しかいない、そして動画を見てもイマイチだった…。

カバレスはイスマエル・ラザールとドロー経験

ワンマッチはモロサヌが久々の強敵相手、そして連敗中のセニックは正念場。

ブライアン・ダウウィス vs ケイ・バルト

https://www.youtube.com/watch?v=rX8XRzG0RrA

レドゥアン・カイロ vs セバスチャン・チオバヌ

大会PV

まとめ

何か中身が薄い記事になってしまったw スイス大会の概要があまり決まってなくて予想外だったw

関連記事

コメントを残す