【OKTAGON】ジョルジオ・ペトロシアン、復帰戦をクリアし現K-1王者と対戦へ

2013年のアンディ・リスティ戦でのキャリア初KO負け以降、表立っての活動をしていなかったペトロシアン。約1年半の充電期間を終え、地元での復帰戦を機に再び前線へと戻ってこようとしています。

[adsense_single_head]

過去記事でお伝えしていますが、復帰戦までの間、ペトロシアンは休暇・練習をこなし、英気を養っていました。

絶対王者の帰還 ジョルジオ・ペトロシアンが2015年 地元で復帰戦

復帰戦となった先日の試合では、頑丈で粘り強いトルコのエルカン・ヴァロルを終始圧倒、2Rにはダウンを奪って完勝しました。

やや慎重な動きですが全く危なげない試合運びで、ブランクの心配は少なさそうですね。

そこいらの選手にはまだまだ負ける要素は無い強さですが、次に控える相手は昨年のK-1 WORLD MAX王者、エンリコ・ケール。MAX制覇後も1試合挟んでKO勝ちを収めています。

紛れも無い実力者ではあるものの、ややムエタイ寄り、欧州におけるトップランカーとの対戦経験が少ないドイツの若武者に対して、
2009年MAX、2012年GLORYを制した(ローカル興行を合わせれば更に増える)かつての絶対王者はいかに格の違いを見せつけられるか注目です。

ところで、ケールも2月にヴァロルと対戦予定なんですよね…w
ヴァロル試合しまくりだなーw

[adsense_single_foot]

関連記事

コメントを残す