GLORYファイターがアゼルバイジャンで集結! 6.29 Qabala Fight Series

チラホラ出身選手の名前は見かけるものの、キック文化が根付いている印象は薄い東欧アゼルバイジャン。今年2月にはK-1の本選が行われましたが何と今度はGLORY!?…とは少し違うようですが、GLORYと契約している選手を中心とした大会が近々行われるようです。

大会概要

既報決定カード

スーパファイト
エルカン・ヴァロル3R判定:3-0アルバート・クラウス
ジャマル・ベン・サディック1R:反則ヘスディ・カラケス
イム・チビン1RTKOモサブ・アムラーニ
Jiao FukaiKOPervis Abdullayev
ライト級トーナメント 準々決勝
テオ・ミケリッチ判定タダス・ヨンクス
ユーリー・ケールTKOTelman Suleymanov
ローマン・マイロフ判定マテウス・コピエチ
準決勝
ユーリー・ケール延長R:負傷TKO?テオ・ミケリッチ
ラマル・アスラノフ判定ローマン・マイロフ
決勝
ユーリー・ケール延長R:判定ラマル・アスラノフ

他ライト級ワンデイトーナメント

  • ラマル・アスラノフ
  • タダス・ヨンクス
  • ローマン・マイロフ
  • ユーリー・ケール
  • マテウス・コピエチ
  • テオ・ミケリッチ
  • Guo Xianfeng
  • Telman Suleymanov
  • Rahim Aliyev
  • Daniel corbeanu

本場と遜色なし! GLORYランカーによる豪華スーパーファイト

アルバート・クラウス、ジャマル・ベン・サディック、ヘスディ・カラケス、モサブ・アムラーニなど、GLORYの前線で戦っている強豪中の強豪がアゼルバイジャンで鎬を削ります、イム・チビンは1年ぶりの復帰戦ですね。

可能性充分なライト級トーナメント

こちらの方は目玉といえる要素は一見ないように思えますが、若くて結果をそれなりに出している選手が多いので、将来性という意味では期待できます、この大会で化けるという可能性もあり得るでしょう。

個人的には小柄ながらスピードと回転技でパワフルな試合をしてくれるクロアチアのテオ・ミケリッチに期待してます。直前出場ながらK-1王者グローエンハートからダウンを奪ったその実力を改めて示して欲しいですね。


テオ・ミケリッチ vs. サモ・ペティ

他は尾崎圭司に勝ったことがあるマイロフ、現在まで17連勝中。

リトアニアで行われているK-1のパクリKOKトーナメント優勝者のコピエチ。

くらいかな、マイロフ強いよね。

GLORYとの関係は?

大会のポスターには堂々とGLORYの名前が使われてますし、恐らく提携か支部のようなものが立ち上がっての開催なんでしょうね。米国進出といっても欧州での活動も抜け目ないようですねー。

….K-1はどうなる?


ヒョードルがプロモ活動に協力してます


リコの最近の髪型がにわ..(ry

コメントを残す