パット・バリーがGLORYと契約し3月にキック復帰戦

UFCで活動してきたパット・バリーがソア・パラレイ戦でのKO負けを最後に契約を解除され、GLORYと契約を結びました。そして3月に試合を迎えます。

現在までの軌跡

K-1

K-1を観ていた方々は知っていると思いますが、バリーは元々立ち技の選手でした。自国で試合を重ね、キャリア中盤にはアーネスト・ホーストに師事、チーム・ミスターパーフェクト所属の選手として活動を始めます。

勝ったり負けたりでなかなか結果が出せずにいましたが、2007年4月、当時立ち技に転向して活躍していたゲーリー・グッドリッジをTKOで秒殺し脚光を少し浴びます(といってもこの辺りからグッドリッジは衰え始めるんですが)

同年8月にはK-1世界最終予選にエントリー、1回戦でリカルド・ノードストランドを全く相手にせずローキックでKOしますが、準決勝でザビット・サメドフ相手に試合を優勢に進めつつも僅差で判定負け。会場からはブーイングが飛んでいました。

サメドフ戦の動画が無いのでノードストランド戦の動画を貼りますw

UFC

MMAはあまり観ていませんが、元立ち技出身の選手の動向は気になってたりしますw

ザックリ総括すると、戦績自体は微妙(あくまでUFCの中では)ですが、試合内容自体は倒すか倒されるかの熱のあるものが多く、社長のデイナ・ホワイトにも気に入られてたとか何とか。

リリースもバリーがズッファに申し入れたからだそうですし、決して選手として弱い、魅力が無いからという訳ではないんですよね。

今後の動向

 

GLORYと契約したバリーは早速3月22日にGLORYルールでエド・バリス(アメリカ)と戦います、恐らく査定試合でしょう。

ブランクや年齢を考えるとトップ戦線に上がるのは相当難しいでしょうが、殴りあいたいという本人のスタイルはUFC同様観客を魅了させてくれるでしょう。

米国進出の為の起爆剤としても期待したいですね。

“パット・バリーがGLORYと契約し3月にキック復帰戦” への2件の返信

  1. はじめまして。
    前ブログから拝見させていてだいております。

    MMA(元UFC)の選手がキックに来るのは大歓迎なんですが活躍されると微妙な気持ちになるんですよね…。ミルコ然り。
    バリー自体は応援してた選手なので頑張って欲しいんですが複雑です。

    正直、今は一部のトップ選手を除けば打撃のみでも北米MMAの方がレベルが上だと思うのでキック界の発展 を祈るばかりです。

    1. コメントありがとうございます。
      僕はあまりそういった気持ちにはならないのですが、
      ミルコ、バリー共に全盛期をとうに過ぎてますし、下手に知名度がある分扱いが難しそうです。

      MMAは戦略の幅が広い分普及も早いですねー。
      市場の規模拡大や選手の育成環境の充実がうらやましいですw

      立ち技は今のところGLORYに頑張ってもらうしかないのがもどかしいです。

コメントを残す