GLORYファイターが多数参戦 Kunlun Fight 15 & Kunlun Fight 16

GLORY19の開催がようやく正式発表されましたが、会場を調べると1万人程収容できる大型アリーナみたいで、あのラインナップで米国の人達を満たすことが出来るのかと不安になりますねー…。

そんな心配事が尽きないGLORYをよそに、来年1月に中国で開催されるKunlun Fightという大会に注目が集まっています。GLORY現ヘビー級王者リコ・ヴァーホーヴェンの参戦だけでも衝撃ですが、何と他にもGLORYの現役王者・ランカーが多数参戦するという凄まじい内容となっています。

対戦カード

Kunlun Fight 15 THE WORLD MAX RETURN

70kg トーナメント  
シットチャイ・シッソーンピーノンvsマーセル・グローエンハート
アンディ・サワーvsジャオ・フーカイ
スーパーヘビー級トーナメント  
アシタヒvs楠ジャイロ
トマス・ハロンvsローマン・クリャーリャ
ジャファー・ウィルニスvsアリレーザ・カバシ
トファン・ピラーニvsスティーブ・バンクス
スーパーファイト  
リコ・ヴァーホーベン vsアンドレイ・ヘラシムチュク
ワン・ケハンvsイリーナ・メザパ
ヴィクトー・ナグベvsムスタファ・ラジャヒ
アイクプラチャ・ミーナヨシンvsスティーブ・モクソン
谷山文隆vsヤン・ジャンピン
大浜芳美vsエ・メイディ
チェン・デュオリvsビュシール・コロッサ
西川智之vsゼン・ジャオユー
デビッド・カルヴォvsアマンシオ・パラスチフ

Kunlun Fight 16

70kg トーナメント  
アンディ・リスティvsアイクプラチャ・ミーナヨシン
ロビン・ファン・ロースマレンvsジアニス・ズーエフ
コスモ・アレキサンドラvsリー・ヤンクン
アルトゥール・キシェンコvsバイ・ジンビン
スーパーファイト  
ヘスディ・ゲルゲスvsアレクセイ・イグナショフ
コリン・ジョージvsマイティ・モー
アルバート・クラウスvsゾウ・ジペン
サイモン・マーカスvsTBA

攻める中国勢力 豪華絢爛の超大型大会

結構前から噂が挙がっていましたが、ここまでレベルが高い選手を集めての大会というのは数年来無かったのではないでしょうか?

特に注目すべきはGLORYのランカーだけではなく、現王者が参戦するという事。GLORYは独占契約では無いため、選手の一人や二人くらい他団体に参戦する事は珍しくないのですが、ここまでの人数と面子が…というのは驚きです。

他にもキック・ムエタイにおけるトップクラスの選手、日本人選手、日本で活動している選手、かつての名選手たちが多数参戦します。

個人的にはイグナショフのほぼ1年ぶりの復帰、MMAで活動していたマイティ・モーの立ち技復帰が楽しみです。

やはり気になるGLORYとの関係

GLORYは独占契約ではないとは言いましたが、ライバル団体の大会に勝手に出ていいほど甘くはないでしょう。

別の記事で取り上げるつもりですが、K-1中国大会に出る予定だった(ビザの問題で結局欠場みたい)、GLORYフェザー級コンテンダートーナメント優勝者であるガブリエル・ヴァルガのインタビュー記事で「GLORYに許可取った」という旨のコメントを述べている事から、一応許可はいるみたいです。

心配されるのはGLORYファイターはGLORYに見切りを付け始めている、GLORYの経営状態が危ないのではないか!? という事。GLORY19が既に延期されてますし、SPIKE TVとの契約が更新されたとはいえ、見通しが立っていませんし、心配ですねー。

まあ、余りネガティブな事を言ってもアレですねw GLORY19は開催が決まりましたし、後日何かしらのアナウンスがあればいいですねー。

参考記事

コメントを残す