ポーランドでヘビー級トーナメント開催 10.17 KOK WORLD GP 2014 in Gdansk

リトアニアを拠点とするMMA BUSHIDOというプロモーションが主催するKOKという大会があります。名前をひと目見ればだいたい予想つくと思うのですがK-1のばったもんK-1とほぼ同じです。

数年前から地元を中心に軽量級~中量級の大会を開いていましたが、今回は珍しくヘビー級トーナメントをポーランドのグダニスクで開催します。どんな選手が参戦するか楽しみにしていました。かつてK-1で活躍していたルスラン・カラエフの復帰が関係しているのかもしれませんね。

主要対戦カード

トーナメント 準決勝
トーマス・チェプコウスキー判定コリン・ジョージ
セルゲイ・ラシェンコ延長判定ミケル・チュリンスキー
トーナメント 決勝
セルゲイ・ラシェンコ1RKO>トーマス・チェプコウスキー
スーパーファイト
アルトゥール・キシェンコ2RTKOラドスラウ・パクズスキー
セルゲイ・マスラボエフ2RKOルーカス・バトケビッチ
イリアス・ブライド判定ピーター・コビランスキー

ウクライナのツートップが復帰に向けて参戦

やはり注目したいのはトップ級の実力を持つ2人のウクライナ組、セルゲイ・ラシェンコとアルトゥール・キシェンコでしょう。

ラシェンコは昨年5月のムラデン・ブレストバッチ戦以降試合をしばらくしていませんでした。

今年6月に復帰戦をこなしたばかりで勝ちはしたものの、その内容は決して良いとはいえなかったので、今回のトーナメントが正念場でしょう。

トーナメントの選手の中では実績が頭一つ抜けており、他はいわば格下ばかりなのでむしろ勝って当然なのかもしれませんが。


セルゲイ・ラシェンコ vs ムラデン・ブレストバッチ

キシェンコの方はミドル級転向3戦目で、こちらも恐らくは格下との対戦です。GLORYではパッとしていないので、ここでスカッとKO勝ちして勢いを付けて戻ってきて欲しいものです。


アルトゥール・キシェンコ vs カラペット・カラペチアン


大会PV


おまけ ルスラン・カラエフの復帰

ルスラン復帰するのかなあ~。

コメントを残す