キシェンコ・ペトロシアン弟参戦 KOK WORLD GP 2014 In Chisinau 試合結果

東欧モロドバやリトアニアで定期的に大会を開いているMMA BUSHIDO、レミギウス・モリカビュチスやマリウス・ザロムスキー他、立ち技でもパベル・ズラフリオフのような強豪が所属している同団体がKOK WORLD GPと称してK-1と同じような内容の大会を行いました。

今回は中堅・強豪で揃えたヘビー級のトーナメントとスーパーファイトの構成で、スーパーファイトにはアルメン・ペトロシアンとアルトゥール・キシェンコが出場しました。

試合結果

ヘビー級トーナメント 準決勝  
スティパン・サイルリグ判定トーマス・ヴァンネスト
ファビアン・ゴンドルフ判定ウラジミール・トクタシノフ
   
ヘビー級トーナメント 決勝  
スティパン・サイルリグ2RKOウラジミール・トクタシノフ
   
スーパーファイト  
アルトゥール・キシェンコ3R判定:3-0アンドレイ・レウスティン
クリスチャン・ドレル判定アルメン・ペトロシアン

トーナメント優勝は順当な結果

前回はセルゲイ・ラシェンコが優勝したヘビー級トーナメント、今回優勝したのはドイツのトカシノフ、実力的には地区予選レベルかなーと思うのですが、流石にこれくらいのレベルの相手には負けないですね。

キシェンコが圧倒的な勝利で凱旋2勝目

前回の試合でようやくウェルター級に慣れてきたように見えたキシェンコ、今回はルーマニアのレウスティンを序盤から圧倒し、ダウンを2回奪っての余裕の判定勝利。レウスティンの根性は素晴らしいものがあったので倒しきれなかったのは少し仕方ないかな…

キシェンコ vs レウスティン

コメントを残す