軽量級2大タイトルマッチ! 10.21 GLORY34 Denver

10月21日にコロラド州デンバーでGLORY34が開催されます。メインイベントはフェザー級タイトルマッチ、王者ガブリエル・ヴァルガが前ライト級王者ロビン・ヴァン・ロスマーレンを迎え打ちます。そして別イベントで組む予定だったウェルター級タイトルマッチ、王者ニキー・ホルツケンとマーセル・グローエンハートのリマッチ、通算3度目の対戦も今大会で行われます。

[adsense_single_head]

対戦カード

メインカード
フェザー級タイトルマッチ
ロビン・ヴァン・ロスマーレン(挑戦者)vsガブリエル・ヴァルガ(王者)
ダスティン・ジャコビーvsTBA
ミドル級 コンテンダートーナメント
イスラエル・アデサンヤvsロバート・トーマス
ユースリ・ベルガオウイvsアレックス・ペレイラ
ウェルター級タイトルマッチ
ニキー・ホルツケン(王者)vsマーセル・グローエンハート(挑戦者)
スーパーファイトシリーズ
ケーシー・グリーンvsリチャード・アブラハム
サウロ・カヴァラリvsブライアン・ダウウィス
  1. 前ライト級王者が階級を落としてフェザー級タイトルマッチ挑戦!
  2. オランダのライバル対決、グローエンハートの3度目の正直は、、、!?
  3. スーパーファイト他

前ライト級王者が階級を落としてフェザー級タイトルマッチ挑戦!

GLORY31でシッティチャイ・シッソンピーノンに敗れて王座を失ったロスマーレン、判定には不服だったようですが次戦はリベンジではなく階級を落としてのフェザー級挑戦、しかも転向初戦でタイトルマッチとなりました。

現王者ガブリエル・ヴァルガはバランスに優れたオールラウンダーで、小柄でリーチが短いロスマーレンとは対象的に身長・リーチが長く、相性的にはあまり良くない相手でしょうがロスマーレンのスピードと瞬発力、パワーがあれば攻略できるのではないかという期待もできる、スリリングな試合となるでしょう。

オランダのライバル対決、グローエンハートの3度目の正直は、、、!?

ウェルター級王座戦はおなじみホルツケンとグローエンハートのダッチキックボクサー対決、GLORY26以来の3度目の対戦です。グローエンハートは前回のタイトルマッチ以降GLORYやクンルンファイトで試合をこなし7戦5勝2敗、うち一つがアルトゥール・キシェンコです。キシェンコはGLORYで試合しないんだろうか、、、。

Kunlun Fight50 グローエンハート vs ジョナタン・オリベイラ

ホルツケンは2012年以降負け無し、ボクシングも並行でこなし先日地域タイトルを獲得しました。現状の選手で一番安定した実力を保っていると言えますね、ただグローエンハートとは接戦でしたし打たれ弱い部分があるので王座陥落もありえます。

ホルツケン ベネルクスミドル級タイトルマッチ

スーパーファイト他

先日ジェイソン・ウィルニスが新王者になったミドル級の次期挑戦者を決めるコンテンダートーナメントではなかなか粒ぞろいの面子が

  • 先日ボグダン・ストイカをKOしたイスラエル・アデサンヤ
  • セバスチャン・チオバヌを強烈ノックアウトしたマイクスジム新鋭のベルガオウイ

特にベルガオウイの膝は強烈でした、次戦で負けちゃいましたが若手として期待。

ベルガオウイ vs セバスチャン・チオバヌ

[adsense_single_foot]

まとめ

デンバーでのGLORYも3回目、人気が出ているかはわかりませんがこうして米国で定期開催できている現状はファンとしても嬉しいこと、バダ vs リコの大会は間違いなく儲かるでしょうし、来年は中国への進出も視野に入れているとのことなので、勢いのあるクンルンや活動を再開したK−1グローバルなどとも共存して楽しませてほしいですね。

参考記事

関連記事

コメントを残す