3大タイトルマッチ開催! GLORY28対戦カード

GLORYのスーパーファイトシリーズがUFC FIGHTPASSに登録されるというニュースが発表されましたね。今後K-1やSHOWTIMEの過去大会の動画もアーカイブされるそうで、個人的には嬉しいことですが、やはりキック団体単体では難しい部分もあるんだろうなーと考えてしまったりします。

そんな現状で唯一メジャー団体として大型興行を打ち続けているGLORY、今年のスケジュールが発表され、とりあえず今年もエキサイティングな試合を観れるという事で安心しています。

第一弾はアメリカのシカゴで開催のGLORY27ですが、正直パッとしないラインナップなので、こちらのGLORY28を取り上げたいと思います。

ヘビー級王者リコ・ヴァーホーベン、ライトヘビー級王者サウロ・カヴァラリ、フェザー級王者セルゲイ・アダムチャックがそれぞれ同日に防衛戦を行う豪華な大会です。

[adsense_single_head]

  1. 対戦カード
  2. 今年は真価を発揮する年に リコが4度目の防衛戦
  3. 激闘必死の再戦 勝者はサキと対戦か!?
  4. 技巧派王者アダムチャックが最強挑戦者を迎え撃つ
  5. 激しさを増すライト級戦線 決勝は再戦か!?
  6. 他スーパーファイトシリーズ
  7. 参考記事

対戦カード

ヘビー級タイトルマッチ
リコ・ヴァーホーベン(王者)
vs
ムラデン・ブレストバッチ(挑戦者)
セミメインイベント
マーセル・グローエンハート
vs
セドリック・ドゥーンブ
ライト級コンテンダートーナメント
シッティチャイ・シッソンピーノン
vs
デビッド・キリア
マラット・グレゴリアン
vs
ジメ・クリバリー
ライト級コンテンダートーナメント リザーブファイト
アナトリー・モイシエフ
vs
ニクラス・ラーセン
ジョシュ・ジョンシー
ライトヘビー級タイトルマッチ
サウロ・カヴァラリ(王者)
vs
アーテム・ヴァキトフ
フェザー級タイトルマッチ
セルゲイ・アダムチャック(王者)
vs
モサブ・アムラー二
スーパーファイトシリーズ
フレディ・ケマイヨ
vs
カルロス・ブルックス
エグザビアー・ビグニー
ヴィトリオ・レマーノ
ジェイソン・ウィルニス
vs
フィリップ・ヴァーリンデン

今年は真価を発揮する年に リコが4度目の防衛戦

アムステルダムで開催されたGLORY26では会場7000人の観客と市長の前で豪快なノックアウト勝ちを披露し、王者として、団体のエースとしてこれ以上ない最高の結果を出したリコ、4度目の防衛戦ではムラデン・ブレストバッチを迎え撃ちます。

ブレストバッチはクロアチア出身、長身から繰り出されるキックでKOを量産するトップコンテンダーの一人です。旧K-1時代に本線出場経験はありませんが、地区予選やローカル大会のトーナメントで多くの優勝経験があります。前回のヘビー級タイトルマッチでリコに敗れたアデグブイに連敗してはいますが、実績と実力では資格は十分でしょう。

印象に残ってるのはこの試合

とはいうものの、パンチの攻防に難があるブレストバッチはリコにとっては苦にはならないかと思われます。不意にハイを食らうことがない限りはリコの勝利は揺るがないでしょう。

激闘必死の再戦 勝者はサキと対戦か!?

タイロン・スポーン、グーカン・サキが不在の中で王者まで上り詰めたのがこのカヴァラリ。 チャクリキ所属でハートが強く、攻防ともに高いレベルで安定しています。勝った時の感情の表し方や表情を見ていると凄く気が強くて勇敢な選手だと思います。

vs ザック・ムウェカッサ

今回対戦するバキトフはロシア出身の若手選手で、超攻撃的なスタイルで個人的にも気に入っている選手。昨年カヴァラリに敗れてはいますが接戦の末のスプリット判定負けだったので、今回も激しい試合になるでしょう。

vs ローレン・ジョージ

技巧派王者アダムチャックが最強挑戦者を迎え撃つ

フェザー級王者のセルゲイ・アダムチャックはK-1の70kg王者トーナメントのリザーブファイトに出場した選手ですね。筋骨隆々の体をしていますが距離を取りつつ要所でポイントを取っていく珍しいスタイルが特徴で、先日のタイトルマッチで前王者ガブリエル・ヴァルガを翻弄して王座を奪取しました。実は現K-1王者マラット・グレゴリアンにも勝利しています。

vs 秋元和也

対するアムラー二は説明はいらないでしょうw 紛れも無く最強の挑戦者です。 中国ではチュー・ジャンリャンという選手に何もできずに負けてしまって衝撃的だったんですが、GLORY26でのコンテンダートーナメントに圧倒的な強さで優勝していますし、衰えたという訳でもないでしょう。

この試合は予想が難しいですねー。個人的にはアダムチャックのスタイルは好きなので最後まで翻弄して勝ってほしいです。

激しさを増すライト級戦線 決勝は再戦か!?

ライト級コンテンダートーナメントはお馴染みの面子が揃いました。やや新鮮さがない印象ですが仕方ないか。

決勝はシッティチャイとグレゴリアンの再戦になる可能性が高いですね。昨年この2人は中国で試合をしており、シッティチャイがマジョリティで接戦を制しています。お互いトップコンテンダーなのでまた面白い試合になるでしょう。

K-1ファンとしては王者のグレゴリアンに雪辱を果たして欲しいですが、シッティチャイには再度ロスマーレンに挑んで勝ってほしいので複雑ですw

・・・・ここで伏兵キリアがリスティ戦のごとくシッティチャイをぶっ倒したら面白いですね。

他スーパーファイトシリーズ

GLORY22を欠場したフランスヘビー級キックのケマイヨがようやくデビュー、相手は大したことないので普通に勝つでしょう。

ライト級コンテンダートーナメントのリザーブファイトに出場する無敗のアナトリー・モイシエフと、久々のGLORY出場となるラーセンの若手対決に期待。ムエタイ寄りのラーセンには分が悪いでしょうが、踏ん張って欲しいところ。

vs クリスチャン・ミレア

あとはエディ・ネイト・スリマニが動画を見たら結構よさ気な選手だったので期待。相手のヨークも良い選手、タレントが増えていくのは良いですねー。

vs Samir le Petit Princep

参考記事

コメントを残す