ジョルジオ・ペトロシアン凱旋 11.6 GLORY25 MILAN

世界最大規模のキックボクシング団体GLORYが、25回目の大会をイタリアのミラノで開催します。同地での開催はGLORY7以来2年半程ぶり。アンディ・リスティ戦での衝撃のKO負けから約2年、ジョルジオ・ペトロシアンがセミメインながらGLORY復帰戦を迎えます。

[adsense_single_head]

  1. SPIKE TVとの契約満了 本場の欧州イベントでアピール出来るか!?
  2. 既報対戦カード
  3. ペトロシアンはランク4位の新鋭と対戦
  4. 王者ロスマーレン危うし、タイの最強戦士が襲来
  5. 参考記事

SPIKE TVとの契約満了 本場の欧州イベントでアピール出来るか!?

GLORYはGLORY24を以ってSPIKE TVとの契約が満了するとの事、当然ながら米国での定着はまだまだ発展途上であり、TV放送が無くなってしまうと今後難しい運営を強いられるでしょう。

といってもそれまで何もしていなかった訳ではなく、同じ米国のTV局「ショウタイム」との契約の為交渉中だとか。

ショウタイムは過去にストライクフォースも放送していたんですねー。

今も交渉中なのかな? GLORY25は米国のTVで放送されるという記事やツイートを見かけるので、前向きに捉えても良いのでしょうかね? この辺りはまだはっきりとした情報が出ていません。

翻訳してくださっている方のツイート

既報対戦カード

ライト級タイトルマッチ
ロビン・ファン・ロスマーレン(王者)
vs
シットチャイ・シッソンピーノン(挑戦者)
セミメインイベント
ジョルジオ・ペトロシアン
vs
ジョシュ・ジョンシー
スーパーファイトシリーズ
ダンヨー・イルンガ
vs
アーテム・ヴァキトフ

ペトロシアンはランク4位の新鋭と対戦

ジョルジオ・ペトロシアンはアンディ・リスティ戦でのKO負けの後は1年程休養。その後は今年1月から地元で復帰戦を行って現在まで3連勝中、対戦相手にはK-1 WORLD MAX 2014王者のエンリコ・ケールや中国のエース、シュー・イェンが含まれます。

vs エンリコ・ケール

個人的に全盛期だと思っているのが2009年に旧K-1に出ていた頃で、ここ数年はまともに渡り合える相手がいないせいかモチベーション不足で体も若干緩み気味なように見えた絶対王者(それでも負けないんだから凄いけどw)、
その時よりはコンディションが良さそうでGLORYで王者に返り咲く為にモチベーションも高そうですねー。

ところで、GLORY25が正式発表前辺りの話として、ペトロシアンはリスティとの再戦を望んでいたようですが、どうもリスティ側、GLORYと提携しているISKA側の問題かはわかりませんが、事情があって実現は難しいとの事。

これはいずれ解消するのか、、、ペトロシアンを屠るとしたらやはりリスティだと思うので期を見て組んでほしいカードですね。

話を戻して、ペトロシアンと対戦するジョンシーはGLORY4勝1敗の現在ランク4位、決してペトロシアンのお披露目試合にはさせない、鉄人アンディ・サワーに師事している新進気鋭の若手選手です。

2013年に来日経験があり、日菜太と対戦して敗れはしましたが、それから経験を積み更に強くなりました。長身でリーチがあり、パンチもキックもそつなくこなすオールラウンダーといったところです。

vs ジメ・クリバリー

王者ロスマーレン危うし、タイの最強戦士が襲来

GLORY18でデビッド・キリアからタイトルを奪取し、GLORY20で過去にKO負けしたアンディ・リスティを相手に初防衛を果たしている現王者ロスマーレン、地力が強い安定感のある選手です。

vs アンディ・リスティ

そんなロスマーレンに挑戦するは、GLORY22のコンテンダートーナメントを制したシッティチャイ・シッソンピーノン。GLORYでは3戦目ながらペトロシアンに次ぐ、いや匹敵するハイレベルで安定した実力を持つであろう最強の挑戦者です。

ここで彼の紹介を…といきたい所ですが僕自身ムエタイの事はあまり知らないので、詳しく紹介記事を書かれているブログの記事を紹介します。

【ムエタイ】ブレイク必至か!?シッティチャイ・シッソンピーノンという男についてまとめてみた

アンディ・サワー、マーセル・グローエンハートに加えてコンテンダートーナメントでは初代王者キリアと今回ペトロシアンと対戦するジョンシーを破っています。タイトルマッチに勝てば長期政権を築く事も十分に可能でしょう…ペトロシアンさえいなければ…w

vs デビッド・キリア

パンチ vs キックの構図 ただし次元は遥かに高い

恐らく試合内容はパンチのロスマーレン、キックのシッティチャイでどちらが競り勝つか…といった内容になるのではないでしょうか。 欧州最強の対角線コンビネーションが勝るのか、ムエタイのテクニックが勝るのか、どちらも最高の使い手なだけに凄まじい濃い試合が期待できそうですね。

いやまあロスマーレンがフックで仕留めるか、シッティチャイが膝蹴りで仕留めるかもありえるけど。

[adsense_single_foot]

参考記事

  • LiverKick – GLORY’s Future on TV Could Be With Showtime
  • Josh Jauncey Chosen as Giorgio Petrosyan’s Opponent on GLORY 25

コメントを残す