レミー・ボンヤスキー現役引退!! Glory14 Zagreb

Glory13で日本での引退を終えたフライング・ダッチマンこと、レミー・ボンヤスキー。次に控えるは正真正銘、現役生活にピリオドを打つ試合、ミルコ・クロコップ戦です!

メインイベントは地元クロアチア出身で元UFCファイターのミルコがレミーの引退試合の相手を努めます。K-1時代からこの2人を知っているファン達にとっては何ともノスタルジックなカードですねー。

対戦カード

スーパファイト  
アリム・ナビエフ(ウクライナ)vsチャド・サグデン(イギリス)
Ismat Agazade(アゼルバイジャン)vsセドリック・マヌーフ(スリナム)
マキシモ・ソアレス(スペイン)vsTBA
トーナメント準決勝
シェーン・キャンベル(カナダ)vsエンリコ・ケール(ドイツ)
ブアカーオ・バンチャメーク(タイ)vsイ・ソンヒョン(韓国)

ミルコ・クロコップはK-1, PRIDE時代は正に鬼神の如き強さでしたがUFCに移籍してからは低迷(もっとも、その頃にはピークは過ぎていましたが)、勝ち星に恵まれない時期が続いています。


2013年11月8日
ミルコ・クロコップ vs アレクセイ・オレイニク

昨年からは立ち技に復帰し、そこでは結果を出しています。今年の3月に行われたK-1の決勝大会では一日3戦を勝ち抜き、トーナメントを優勝してしまいましたw


2013年3月15日
K-1 WORLD GP 2013 FINAL IN ZAGREB

ミルコとレミーは11年前にK-1で対戦経験があり、その時はミルコがKOで圧勝しましたが、現状の2人であれば拮抗した内容で面白くなりそうです。

色々と計算通りに事を進める事で有名なレミーですが、現役引退を最高の形で終えることができるのでしょうか?個人的にはレミーに勝って欲しいです。

コメントを残す