日菜太を倒した男 vs 期待の新鋭 FFC 14: PETJE VS. MIKELIC

クロアチアで10月3日、Final Fight Championshipというキック・MMAの複合イベントが行われます。ローカル興行に留まらない会場の規模と参加選手のレベルの高さで個人的に結構好きな大会です。

GLORYやK-1と比べるとややスケールダウンは否めませんが、実力ある選手が揃っているので充分楽しめると思いますよ。メインカードはサモ・ペティ vs テオ・ミケリッチです。

テオ・ミケリッチvsサモ・ペティ
ミルコ・ヴォルカビッチvsケビン・ヘッセリング
デニス・チョーチプvsゼナン・ポトラック
ミラン・ファビアンvsボバン・クルシッチ
イヴァン・ビリッチvsリリム・アフメティ
ヨヴァン・カルジェロビッチvsミロス・イヴァス

ペティのリベンジ達成か、ミケリッチが返り討ちか!?

ペティは先日行われたRISE100で日菜太をKOしており、隠れた強豪とされている選手(また日本に呼んでくれるよね…?RISEさん…?)。

ミケリッチは個人的に気に入っている選手の一人で、小柄な分スピードとパンチの回転が早く、バックキックなどの回転技を得意としていて、観ていて面白いので期待しています。

GLORYでは直前オファーながら、負傷で敗れたものの、K-1 MAX王者のマーセル・グローエンハートからダウンを奪い健闘しました。

ペティとミケリッチは昨年に一度対戦しており、ミケリッチが判定勝ちという結果に終わっています。

コメントを残す